株式会社木村建設 ‐ 至誠、天に通ず。地獄の果てに50代で掴んだ成功

天 貫く を 至誠 日

まごころをもって対すればどんな人でも感動させない ということはない。 城川氏の孫嫁にしたって、明治生まれの薩摩オゴジョが、 嫁ぎ先の祖父 大舅 のことを、祖父について尋ねてきた人に、悪く言うはずはない。

至誠天に通ず!孟子の言葉からノーベル賞受賞大村智、吉田松陰、西郷隆盛などの偉人が生まれた

天 貫く を 至誠 日

あの徳川幕府を終わらせて明治という新しい近代国家を造り上げた原動力でもあります。 人生を全うに生きることがどんなに楽しい事かを知らせる。 「人の心を動かさない事が有るとすれば、それは自らが誠の心を尽くしていないからである」というようにも解釈できます。

”至誠天に通ず”

天 貫く を 至誠 日

しかし、土木業は地獄だった。 至誠天日を貫く これ、日産のエンブレムの元にも なった言葉なんですよ。 老婦人との語らいは楽しいものだったようです。

14

正代の口上「至誠一貫」とは?吉田松陰座右の銘「遠山の金さん」でも登場/スポーツ/デイリースポーツ online

天 貫く を 至誠 日

「至誠!俺を「・・・」 ビシッ 痛っ」 結構重いデコピンを喰らった。 9人兄弟の末っ子ということもあって家族は心配したが、「農薬の製造工程は完全オートメーション化され、人体への影響は全くない」という説明を受けて、それならばと横浜行きを決める。 ただし、その至誠、まごころは一時だけのものに終わってはなりません。

19

「至誠(しせい)」

天 貫く を 至誠 日

ラウンダー、俺の 部下達 ファミリーズ とな」 ・・・その日、俺達は泣き通した。

17

至誠天日を貫く(しせい天日をつく)

天 貫く を 至誠 日

「全員起きたな。 「同年八月十八日」といった表記はありますが、 この「同年」が書かれていないのです。

15