メインテート錠5mg

テート メイン

その後、問題ないと判断された場合は1. 水に対しては非常に溶けやすく、簡易懸濁法でも錠剤のコーティングを破壊すれば問題ありません。

19

医療 薬 : ビソプロロールフマル酸塩 (Bisoprolol fumarate) [メインテート錠]

テート メイン

メインテート(一般名:ビソプロロール)を服用後、血中濃度(血液中の薬物濃度)が最高値に達する時間は3. 本剤2. こうした悪影響があるため、メインテート(一般名:ビソプロロール)を使用してはいけません。 75又は5mgとして必ず段階的に行い、いずれの用量においても、1日1回経口投与とする。

8

メインテート錠2.5mg│お薬事典│メインテート錠2.5mgの詳細情報ならここカラダ

テート メイン

・薬の飲み忘れに注意しましょう。 副作用 (添付文書全文) 本態性高血圧症、狭心症、心室性期外収縮; 臨床試験(承認時まで):総症例数969例中、副作用が報告されたのは99例(10. その後忍容性がある場合には、4週間以上の間隔で忍容性をみながら段階的に増量し、忍容性がない場合は減量する• メインテートは身体の循環器系に影響を与え、心拍数が上がることを阻害する作用のある薬です。 また、メインテートの脈拍数を正常の数に戻す効果から、あがり症の改善などに使用されることもあります。

4

メインテート錠2.5mg

テート メイン

また、患者の本剤に対する反応性により、維持量は適宜増減するが、最高投与量は1日1回5mgを超えない。 また、低血糖時に分泌されるアドレナリンにより生じる低血糖症状をマスクする。 心臓の働きすぎを抑え心筋の異常な収縮をしずめます。

16

メインテート錠2.5mg

テート メイン

(50代病院勤務医、循環器内科) 用法・用量 (添付文書全文) 1.本態性高血圧症(軽症〜中等症)、狭心症、心室性期外収縮:ビソプロロールフマル酸塩として、5mgを1日1回経口投与する。 25mgに増量する。

10

メインテートの副作用や効果について、添付文書を参考にわかりやすく解説

テート メイン

2.慢性心不全を合併する本態性高血圧症、慢性心不全を合併する狭心症の患者、慢性心不全を合併する心室性期外収縮又は慢性心不全を合併する頻脈性心房細動のある患者では、慢性心不全の用法・用量に従う。 (7).過敏症[慢性心不全の場合]:(0. 5.眩暈、ふらつきが現れることがあるので、本剤投与中の患者(特に投与初期)には自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意させる。 気管支喘息• 間欠性跛行症• 中止するときは、医師の判断で徐々に減量するようにします。

16

メインテート|田辺三菱製薬 医療関係者サイト Medical View Point

テート メイン

・その他心臓や肝臓、腎臓になんらかの疾患がある人。

9

ビソプロロール:メインテート

テート メイン

10.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。

9