やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ

て て 言っ やっ させ て は ほめ ねば 動か みせ 人 みせ 聞かせ て やら じ て

だからこそ、ここが お互いに成長するチャンスなんです! 山本五十六の名言から、部下指導を具体的に考えると (目的)なぜ?、それが必要なのか教える (実演)一通り全体をやって見せる (説明)手順と注意点、期待する機能を説明する ・成果の出る「手順」...結果につながるプロセス ・上手くできる「方法」..注意点・現場の知恵 (試用) そばについて教えながら一人でさせてみる (評価)上手くてきた所を褒めて、弱い所を指導する そして、継続的にやらせて応援する。

「今どきの若い者」は絶対に言うな。名言に学ぶ上手な褒め方、叱り方

て て 言っ やっ させ て は ほめ ねば 動か みせ 人 みせ 聞かせ て やら じ て

社員が、自分で仕事をどのように進め るかを考え(Plan)実行し(Do)結果を検証し(Check)次に活かせる(Act)。 (古い表現ですが)「 この人のためなら骨が砂利になっても働こう」と思っても無理はありません。 言って聞かせる やってみせた後は、しっかりと説明して聞かせることが重要だということです。

11

上杉鷹山・山本五十六の訓。「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」

て て 言っ やっ させ て は ほめ ねば 動か みせ 人 みせ 聞かせ て やら じ て

ほめてやる 実際にさせてみた後は、相手を褒めてあげましょう。

「今どきの若い者」は絶対に言うな。名言に学ぶ上手な褒め方、叱り方

て て 言っ やっ させ て は ほめ ねば 動か みせ 人 みせ 聞かせ て やら じ て

」 と思われていたから、新卒とは別の緊張感でした…。 この言葉には続きがある。 山本五十六氏の言葉にもある「褒めること」ですが、今回の研修の中でも、上手な褒め方と下手な褒め方、それぞれ3点挙げられていました。

山本五十六の

て て 言っ やっ させ て は ほめ ねば 動か みせ 人 みせ 聞かせ て やら じ て

仕事のやり方を伝えるだけでなく、新人さんがどこまで出来ているかを把握し、 できない所も、できるようになるまでアドバイスしてあげられたら、 新人さんも早く自立するでしょうし、先輩も尊敬されますね! 覚えなければいけないこともたくさんあって、 いっぱいいっぱいの毎日ですよね。 そうじゃなければ、彼らも頭の中ではわかっていても、心のどこかでは、舌打ちをしているものなのである。

4

山本五十六の

て て 言っ やっ させ て は ほめ ねば 動か みせ 人 みせ 聞かせ て やら じ て

部下は上司の姿を良く見ているもの。

4

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ

て て 言っ やっ させ て は ほめ ねば 動か みせ 人 みせ 聞かせ て やら じ て

口ばっかで自らは動かない、動けないのに、部下に仕事を押付ける口ばっかり達者な上司に聞かせたいものです。

7

「今どきの若い者」は絶対に言うな。名言に学ぶ上手な褒め方、叱り方

て て 言っ やっ させ て は ほめ ねば 動か みせ 人 みせ 聞かせ て やら じ て

ご存じかと思うが取り上げてみよう。 経営コラムニスト紹介 自らどんどん仕事を覚え・つくりだし、責任のある仕事をこなし、 あっという間に職場の中心人物になる。

2