阿部和重

重 阿部 和

映画のタイトルは『』。 春夏秋冬に分かれた4話構成である。

2

阿部和重考

重 阿部 和

第71回 該当作品なし• 彼らはナルシストではあっても、本心を隠したり、格好付けたりしない。 第149回 「爪と目」• 同年、〈〉11月号に受賞後第一作となる「」を発表、盟友であるとの諍いを受けて島田の文壇的な振る舞いを揶揄した。 第132回 「グランド・フィナーレ」• 2人は講演に引き続き、それぞれ三宅敦子准教授、西村将洋准教授を相手に対談。

西南学院大で福原義春さん、阿部和重さん講演:活字の学び

重 阿部 和

これら初期の作品はなどのの影響が強く、記号や数字、文字といった形式そのものへの意識を前面に押し出し、長大な文体を志向しており、対談でもしばしばそのことに言及している。 当時の選評としては、ドストエフスキーの『地下生活者の手記』と比したうえで「大変力量のある人が出てきたことを喜ぶ」と絶賛した柄谷行人をはじめとしておおむね好評であった。

14

阿部和重『オーガ(ニ)ズム』は2010年代の終幕にふさわしい傑作だーー「擬似ドキュメンタリー的」転回を考察|Real Sound|リアルサウンド ブック

重 阿部 和

1997年『新潮』に渋谷を舞台とした「インディヴィジュアル・プロジェクション」を発表。

6

阿部和重のおすすめ小説6選!現代社会の歪みと軋みを描く

重 阿部 和

の作品を現代の作家が現代語訳。 第161回 「むらさきのスカートの女」• 『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999)などのヒット作を発端として、『クローバーフィールド/H A K A I S H A』(2008)や『パラノーマル・アクティビティ』シリーズ(2009-2015)、『ヴィジット』(2015)など、その潮流は基本的には現在も続いている(国内作家では松江哲明や白石晃士の作品群が有名)。 。

19

阿部和重のおすすめ小説6選!現代社会の歪みと軋みを描く

重 阿部 和

『インディヴィジュアル・プロジェクション』の装丁は常磐響が担当しており、風俗嬢がセクシーな格好をしている写真は発表当時話題になったそうだ。 擬似ドキュメンタリー的な作品は、そのスタイルや演出を個別にうんぬんされるものにとどまらず、絶えずこの「現実」というプラットフォームそのものとあいまいに紐づけられ、それに「いいね!」やリツイートをつけあってコミュニケーションするひとびとの日常と地続きになっている。

17

[皇居外苑 楠公レストハウス 安部総料理長]監修おせち奉春三段重

重 阿部 和

唯生は警察の厳重注意を受け、武藤の映画は恐らく頓挫し、Sホールのバイトは唯生以外全員辞めてしまう。 スパイ養成所出身者の日記という設定で、理論性とエンターテインメント性を両立させ、当時の新進作家を示す「J文学」のキーワードとともに話題となった。

[皇居外苑 楠公レストハウス 安部総料理長]監修おせち奉春三段重

重 阿部 和

それはすごい。

12